お米情報

表紙

目次

舌代

価格表

ご注文書へ

お問い合わせ

01.10.11改訂
餅米の情報
当店では 福井県奥越産カグラモチを使用      福井県奥越地方とは 大野市、勝山市、大野郡の総称です。 大野市、勝山市は 九頭竜川の扇状地の為 良水に恵まれ  扇状地特有の水はけの良い土壌にて 稲作の適した所です。   カグラモチ 北陸の平坦部、東海の早期栽培に適する 水稲もち米 玄米は中粒で、餅質は腰が強く、餅食味は三つ星  
飯米の情報
コシヒカリ  福井県農事試験場にて 昭和31年に 農林1号を父に 農林22号を母として誕生した 福井生まれ米です。  極良食味の品種です。                  ハナエチゼン 福井県農事試験場にて 平成3年に フクヒカリを父に 越南122号を母として誕生した 福井生まれの米です 玄米は大粒で 食味はコシヒカリに匹敵する。       キヌヒカリ 北陸農事試験場にて 昭和63年に コシヒカリを曾祖父 にもつコシヒカリの血を受け継ぐ食味もコシヒカリ並みで 炊飯した場合は白さ、輝きは上回るほどです。     
赤米の情報
玄米に色のついた米には、タンニン系の赤米と アントシアン系の紫黒米 とがある。色素は共に糠にあり 玄米のままか 六、七分の精米した物を 食す。玄米中には各種ビタミン類(B群、E、Pなど)や鉄、カルシウムな どの有用無機成分が多く含まれています。               ベニロマン (当店使用品)九州農事試験場生まれ。
あわの実の情報
イネ科の一年生の草本で オオアワ(粱)とコアワ(粟)があるが、日本 では粟の字をアワの総称に用いている。オオアワは穂の形が大きく、小穂 の柄があらく着き、穂が下にたれる。日本で栽培されているのは主として この種です。アワの子実は米に比べタンパク質、脂肪に富み、炭水化物が 少ない。昔から開拓地の作物又は、救荒作物として栽培されている    米と比較した粟の組成

水分

蛋白質

脂肪

糖質

繊維

灰分

アワ

12,5g

10.5g

2.1g

72.4g

0.5g

1.4g

 あわ餅

47.9g

4.8g

1.2g

45.7g

0.2g

0.2g

44.5g

4.2g

0.8g

50.1g

0.2g

0.2g

米 飯

65.0g

3.5g

0.5g

30.8g

0.1g

0.1g

 米

15.5g

9.2g

1.3g

73.1g

0.3g

0.6g
きびの実の情報
イネ科の一年生草本で高さが1〜1、5mになる。キビの語源は<きみ> (黄実)から始まる、実は淡黄白色になる。              当店にて使用している黍はタカキビ(モロコシの一種)イネ科の一年草。 実の色は白、黄褐色、赤褐色、黒などがある。            

水分

蛋白質

脂肪

糖質

繊維

灰分

12.0g

10.3g

4.7g

69.5g

1.7g

1,8g