田植え

1.いよいよ田植えです。

苗代のビニールを取り除き、田植えする田んぼまで運びます。

(2000.4.29)

2.苗を運ぶ方法はいろいろあります。

うちでは軽トラックに、右の道具を積んで苗を運びます。

3.苗を斜めに積み込んで運びます。
軽トラックでも1度に60箱運ぶことができます。

4.田植え直前に薬(殺虫剤)をやります。

田植え直後の稲は柔らかく、イネミズゾウムシなどの害虫に葉が食べられるのを防ぐためです。

5.苗はしっかりと根が張っています。(白いのは根です)

6.箱の底に板を差し込んで、苗を取り出します。

7.取り出した苗を田植機にのせます。

8.田植機にのせているところです。

5条植えで1列に2枚分の苗がのせれるので、1度に10枚の苗をのせることができます。

9.田植えです。

田植機が走るだけで、苗を植えていきます。

10.植え付けられた直後の苗です。

田植えの時は代掻きの時よりも、水を少なめにするので、苗の周りにやや隙間ができますが、すぐになくなります。

11.田植え終わりです。

12.四角い田んぼの4角は機械で植えられないので、手で植え付けます。(補植といいます)

数十年前までは、すべての田んぼをこうやって植えていたかと思うと、昔の人はすごいと感じます。

13.来年のために苗箱は洗っておきます。

この機械は、手動で、上下に苗箱を動かすと洗えます。

電動の箱洗い機もあります。