おもちつき


  • もち米を1晩以上水に漬けておきます。
  • 写真は水に漬けておいたものをあげた状態です。

(2000.12.30)

  • もち米を布に包んだ状態で、せいろの中に入れます。
  • 強い火力で蒸します。
  • 下には水が入っており、ガスで沸騰した状態です。湯気は3つのせいろを通ります。
  • 下のせいろから蒸し上がるので、蒸しあがったらうすに入れてつき始めます。
  • いきなりつき始めると、もち米の粒が飛び散るので、押しつぶしてからつきます。この押しつぶすのが大変です。(こずきと呼んでいます)
  • 餅が冷めないように、休まずにつきます。きね(つく棒のこと)は力を入れずに落とすようにします。
  • 機械でつくと簡単です。(蒸すこともできます)
  • しかし、この機械はつくのではなく、こねるのです。餅の粘りが違います。
  • こずきだけを機械でしても構いません。

home用語集学ぼう今日の花言葉