KenYaoのひとりごと



自己紹介

福井生まれの福井育ちで、福井の自然が好きです。
夏はかなり蒸し暑く、冬は雪が1〜2m積もりますが、結構変化があっておもしろいのです。
休日には近くの山や海に出かけ、晴れた夜は星を眺めてぼんやりします。
  • 名 前:矢尾憲一
  • 職 業:建築設計
  • 活動地:福井市

  • 嗜好料理:夏は冷奴、冬は鍋料理
  • 体調維持:テニスと散歩と、たまに水泳










●宇宙との出会い

もうはっきりとは覚えていませんが、宇宙と最初に出会ったのは子供の頃読んだジュール・ヴェルヌ著「月世界旅行」だったと思います。人を乗せた砲弾型宇宙船を大砲で月に向けてドーン!!と放つ物語でした。それからすこし年月は過ぎますが、英国製アニメ「サンダーバード」は大好きでした。精密な作りの人形や宇宙船は魅力的でした。
大人になって最初に感動した宇宙科学書は、1980年のベストセラー:カール・セーガンの著書「コスモス」でした。知的生物のいる確率を求めるドレイクの式にはわくわくさせるものを感じました。今読み直しても、古代の話から当時の最新研究まで広範囲でわかりやすい宇宙天文書です。

およそ10年の年月が過ぎ、再び天文分野に興味を持ったのは1990年のNHKスペシャル「銀河宇宙オデッセイ」のTV放送です。ラスカンパナスの星空の映像に、こころときめく思いで見入っていていました。
このシリーズ中のイギリスのホーキング博士の紹介から、その著書「ホーキング、宇宙を語る」を読みました。そして、宇宙論なる分野の世界を知ることになります。
またこの頃から、近くの町外れで星を眺めたり、天文台の観測会に参加するようになりました。

1995年に影響をうけた本を3冊読みました。
  • G.S.ホーキンズ著「マインドステップ」(古代人の天文観測の謎解きにびっくりしました。)
  • ゴルデル著「ソフィーの世界」(古代から現代までの通史的哲学入門書)
  • ハンコック著「神々の指紋」(古代史ブームの引き金になったのは有名です)
1996年夏から、古代から現代の宇宙論の文献調査を開始しました。
1997年正月よりホームページ作製に入ります。半年後、HPの骨格が出来たので6月から公開を開始しました。興味が生命科学に広がっていきます。1998年には現在のHP近い構成になりました。

およそ5年間はHPの拡張が続き、研究ノートが追加されました。その後HPの活動は休眠期に入り、現在に至ります。
2011年3月11日、東日本大震災が発生。津波で東北沿岸の多くの町が壊滅状態になりました。そして津波が福島原発を襲い、原発のメルトダウンとうい大事故が発生してしまいました。
今後も「宇宙」や「生命」の新たな知識に出会い、その感動をHPを通して発信し続けたいと思います。

(記/1999年3月14日・追加修正/2012年3月24日)


●独り言

    2017/4/11
  • 桜の季節
    北陸の3月は、寒い日が続きました。4月初めから気温が上がり、一気に桜が開花・満開に。
    男子テニスのマスターズ1000は、インディアンウェルスとマイアミ大会が終了。期待していた錦織圭は、Best8止まり。最近トップ2人が不調なのでチャンスでしたが、圭の調子もいまいち。うれしいのは、フェデラーとナダルの復調です。若手の中では、キリオス(オーストラリア)の成長が目立つ大会でした。


    2017/2/4
  • 雪の少ない1月
    今年1月の雪は、日本海側でも山陰と東北に集中。福井市内は最大でも15cm程度で、少ないです。
    全豪OPテニスは1/30に終了。男子シングルは4回戦で錦織を破ったフェデラーが久しぶりのナダルとの頂上戦で勝ちました。また、女子シングルは姉妹対決で勝利したセリーナでした。今回は男女共トップシードが早めに消え混戦模様でしたが、決勝は30代対決の懐かしい顔ぶれでした。


    2017/1/16
  • 冬将軍到来
    今年も暖かいお正月でした。ようやく冬将軍が来ました。 1/14〜16は全国的に寒く、東北・北陸は大雪警報、愛知・三重付近も積雪ありました。 福井市内は10cm程度ですが、昼中でも交通量が少ない道路はすべりやすくなっていました。
    ところで、16日から全豪OPテニスが開幕します。 今回、錦織圭はランキング5位で出場します。 優勝目指して、頑張ってほしい! 女子も期待&応援です。



独り言-1998 独り言-1999 独り言-2000 独り言-2001 独り言-2002 独り言-2003
独り言-2004 独り言-2005 独り言-2006 独り言-2007 独り言-2008 独り言-2009
独り言-2010 独り言-2011 独り言-2012 独り言-2014 独り言-2015 独り言-2016



感想などありましたら、気軽にメールください。

ken-yao@mx1.fctv.ne.jp
Return